流祖は、成田清兵衛高重、当流は鞍馬流と号す、後中条流と稱す。

源義経公の流を元祖とし、後に四天流剣術、組討と称す。四天とは、持国天・多聞天・増長天・広目天の四天にして此の四天を軍陣応護の天部と云い、即ち甲の四方に四ツ鋲のあるは、是なり、とある。

開祖、成田清兵衛先師は、寛永十五年(一六三八年)肥前国(佐賀県)唐津に生まれ承應二年(一六五三年)頃、武者修業の途に就く。下野国、宇都宮にて、戸田清元の門弟となり、居合、剣術の皆伝を受け、更に諸国を廻り、寛文元年(一六六一年)肥後国、細川綱利公に召出され、武術指南役の傍かたわら大刀の故を以って組討の極意を編出し、いわば剛の組討として天下を轟かす。

藩政時代から竹内三統流柔術・扱心流体術とともに四天流柔術が有名であった。「四天流組討の星野道場」明治、大正時当主の星野九門師範は、組討、居合、剣術、棒術、長刀の達人で、熊本市新堀町にあった星野道場から幾多の高段者(組討皆伝)を排出した。

【由来】

  流祖 成田清兵衛高重

  二代 西勇平治俊武

  三代 堀田孫右衛之實

  四代 星野角右衛門實員

  五代 関 群馬経貴

  六代 星野龍介実寿

  七代 星野如雲実直

  八代 星野九門実則

  九代 星野龍太実重

  十代 三石昇八

 十一代 田代高造

【系譜】

<連絡先> 四天流星野派柔術三石会          

〒862-0973 熊本市中央区大江本町6-10

℡ 096-366-2056
 

四天流星野派柔術

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now