神道夢想流杖術は、約四百年前、夢想権之助勝吉によって創始された。夢想権之助勝吉は、天真正伝神道流六代、桜井大隅守吉勝の門に入り、香取神道流の奥義を極め、その免許をうけ、さらに鹿島直心影流の極意を授かった。

流祖は数多くの試合をして破れたことはなかったが、播州明石において宮本武蔵と試合をし、押すことも退くこともできず敗れてしまった。その後、流祖は、諸国を遍歴、艱難辛苦の武者修行に入り、筑前の国に至った。筑前太宰府天満宮の神域に連なる霊峰宝満山竈門神社に祈願参籠し、至誠神通満願の夜、童子現れ、丸木をもって水月を知れ、との御神託を得て三尺二寸の刀に一尺の柄に、一分を長くし、四尺二寸一分、直径を八分として樫の丸木を作り、槍、薙刀、太刀の特徴を入れ、御神託と剣によって得た真理と実戦を体し、ここに杖術を編み出し、宮本武蔵の十字留を破ったと伝えられる。以後、流祖は黒田藩に召しかかえられ、これを黒田藩士に伝え、藩外不出の御留の武術として栄え、歴代師範家に継承された。

【由来】

    流祖 夢想権之助勝吉

    二代 小首孫左衛門吉重

    三代 松崎金右衛門重勝

    四代 樋口半右衛門勝信

    五代 原田平蔵信貞

    六代 原志右衛門氏貞

    七代 氷富幸四郎久友

       小森清兵衛盈章

       藤本平吉詮信

       大野久作友時

       永富甚蔵友載

       畑江久平則茂

       小西文太友諒

       渡辺辰助充豊

       平野吉蔵能栄

       吉川和多留利正

       香下只七

       浜地清市新敏

       加納伊七信利

       大隈新八信勝

       西田武吉森茂

       吉村半次郎義信

       平野三郎能得

  二十四代 白石範次郎重明

  二十五代 清水隆次克泰

二十六代の統 乙藤市蔵勝法​

【系譜】

<連絡先> 事務局 鳴海孝義             

〒862-0913 熊本市東区尾上4丁目15-32

℡ 096-365-3081
 

神道夢想流杖術

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now